そこのあなた、水分足りてますか?

美肌薬を美容皮膚科で処方してもらうのってどうなの?

ワーママ
ワーママ

確実にきれいな肌になりたい

ワーママ
ワーママ

薬を内服するのってどうなんだろ

ワーママ
ワーママ

危険じゃないのかな?

ワーママ
ワーママ

本当に効くの?

「スキンケアって時間がかかる…手っ取り早く確実にきれいな肌になりたい!」という方はたくさんいると思います。

そういう思いを持つ方にオススメするのが、皮膚科や美容クリニックで飲み薬や塗り薬を処方してもらうことです。

でも、「美肌になるためにわざわざ皮膚科で薬を処方してもらうのってどうなの」って思いませんか?

薬って安全なの?副作用はないの?と不安になることもあるかもしれません。

この記事では、「化粧品よりも早く確実にきれいな肌になりたい、でも薬は不安!」という方に対して、皮膚科で薬を処方してもらうことのメリット・デメリットを知ってもらい、少しでもきれいな肌になれる選択肢を増やしてもらいたいと思っています。

美肌のために薬を処方してもらうことは危険なのか

危険性はゼロではありません。医薬品である以上、副作用の可能性があります。

医薬品と化粧品・医薬部外品の違う点は効果です。

効果

化粧品  <   医薬部外品(薬用化粧品) <   医薬品

効果が強くなるということは、逆に副作用が出る確率も高くなります。
薬剤の副作用についてより深く知りたい方は、こちらの記事で簡潔にまとめてあります。

副作用がでる可能性

化粧品  <   医薬部外品(薬用化粧品) <   医薬品

そのため、美肌になるための医薬品は医師から処方してもらうことを推奨します。

Na-be
Na-be

体調や状態を診てもらい、医師や薬剤師のような薬のプロに判断してもらいましょう!

目次にもどる

皮膚科でもらえる美容内服薬・塗り薬の種類

くすりの名前(種類)効果
トラネキサム酸肝斑(かんぱん)の改善
ミノマイシンニキビ菌を殺菌
シナールシミそばかすの予防・減少
ハイチオールシミそばかすの予防・減少
トコフェロール酢酸エステル肌荒れ改善
低用量ピルニキビ改善
くすりの名前をクリックで説明にジャンプ
くすりの名前(種類)効果
ハイドロキノン強い美白効果
トレチノインターンオーバー促進
ヒルドイド保湿効果
くすりの名前をクリックで説明にジャンプ

飲み薬:トラネキサム酸(Tranexamic acid:TA)

トラネキサム酸(Tranexamic acid:TA)は、タンパク質を構成する成分である必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の一種です。

炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン作用」を持っており、喉の腫れや口内炎を治療する薬から、毎日使う歯磨き粉など、幅広く使われています。

期待できる効果
  • メラニン生成抑制
    シミ・そばかす・肝斑の治療
  • 抗炎症作用
    肌荒れ・ニキビ跡などの治療

トラネキサム酸は基本的に副作用の少ない成分ですが、以下の症状が出た際は使用をストップしてください。

副作用
  • 皮膚のかゆみ
  • 食欲不振
  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 胸やけ
  • 眠気 など
こんな方は内服できません
  • 血栓症(心筋梗塞、血栓性静脈炎など)がある方
  • ピルを服用中の方
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • 腎不全の方

くすりの表に戻る

飲み薬:ミノマイシン

「ミノサイクリン」という有効成分からなる抗生物質です。タンパク質を合成する「リボソーム」という細胞小器官の機能を阻害することで、細菌の増殖を抑えます。(殺菌効果)

期待できる効果
  • ニキビ改善

重い副作用はほとんどありませんが、初期症状には注意してください。

副作用
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • めまい
  • 発疹
  • 発熱 など

飲み合わせに注意する必要があるので、医師と相談するようにしましょう。

くすりの表に戻る

飲み薬:シナール

シナールの主成分はビタミンCです。加えて、ビタミンCの吸収を助けるパントテン酸カルシウムを配合して効果を高めた薬です。

市販品もありますが、有効成分の量が異なります。

期待できる効果
  • メラニンの生成抑制
    シミ・そばかすの予防
  • コラーゲン産生
    ハリ感の付与

主成分は水溶性であり、過剰に摂取しても速やかに体外へ排泄されるため、副作用は起きにくいとされています。

副作用
  • 胃の不快感
  • 嘔吐
  • 下痢 など

くすりの表に戻る

飲み薬:ハイチオール

有効成分は、皮膚・髪・爪の元となるタンパク質を構成するアミノ酸の一種である「L‐システイン」。

市販品もありますが、有効成分の量が異なります。

期待できる効果
  • メラニンの生成抑制
    シミ・そばかすの予防

重大な副作用の報告はなく、副作用リスクは低い薬です。

副作用
  • 口の渇き
  • 嘔吐
  • 下痢 など

くすりの表に戻る

飲み薬:トコフェロール酢酸エステル

一般的に、ビタミンEと呼ばれている医薬品です。

期待できる効果
  • ターンオーバー促進
  • 血流改善

油溶性ビタミンのため、大量に摂取してしまうと過剰症となるため注意が必要です。

副作用
  • 便秘
  • 発疹
  • 下痢 など

くすりの表に戻る

飲み薬:低用量ピル

女性ホルモンの過剰分泌は、皮脂を分泌しやすくするため、ニキビや肌荒れを引き起こします。ホルモンバランスを整えることで、肌に対してもよい効果が出ます。

期待できる効果
  • ニキビ改善
  • 肌荒れ改善
Yukko
Yukko

生理に伴う負担の軽減にもつながるため、肌以外への好影響も!

副作用
  • 吐き気
  • 頭痛
  • むくみ
  • 不正出血 など

オンライン診断はスマホでかんたんに受けることができ、最短で翌日に届くので時間がない方には便利なサービスです。

こんな方は内服できません
  • 重い持病がある方
  • 高血圧の方
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • 女性ホルモンに由来する病気にかかっている・かかったことのある方

くすりの表に戻る

塗り薬:ハイドロキノン

シミの漂白剤と言われていることもあるハイドロキノン。
イチゴや麦芽、コーヒー、紅茶などに含まれている天然の成分です。

期待できる効果
  • メラニン生成抑制
    シミ・そばかすの予防

ハイドロキノンは人によっては刺激を感じる場合もあるため、市販品ではなく病院で処方されたものを使用する方がよいでしょう。

副作用
  • 肌の赤み
  • 炎症
  • 白斑 など
注意

濃度が5%程度のハイドロキノンは適切に使えば、白斑は起きないとされています。

ただし、紫外線を浴びるとまれに炎症を起こす場合があるため、医師の指示に従って使用するようにしましょう。

表に戻る

塗り薬:トレチノイン

ビタミンAの誘導体で、上述したハイドロキノンとの相性が良いとされています。

期待できる効果
  • 肌のターンオーバー促進
  • ヒアルロン酸、コラーゲンの産生促進

レチノイド反応と呼ばれる一過性の反応が出る場合があります。

副作用
  • 肌の赤み
  • 皮がはがれる など

表に戻る

塗り薬:ヒルドイド

ヘパリン類似物質を主成分としたマルホ製薬の製品です。

期待できる効果
  • 肌のターンオーバー促進
  • ヒアルロン酸、コラーゲンの産生促進

副作用の発生頻度が少なく、0歳の赤ちゃんから使用できる安全な成分です。しかし、ごくまれに反応が出てしまう方もいるため、注意しましょう。

副作用
  • 肌の赤み
  • 皮がはがれる など

表に戻る


これらの薬は、美容皮膚科で処方してもらうことができます。

ただし、美容皮膚科に行く時間がない人もいるのではないでしょうか。

そういった方は、市販薬ではなくオンライン診療を利用してみてください。

月額4,114円かかりますが、スマートフォンで診療可能。必要な医薬品を家まで届けてくれるため、時間のないワーママさんには有用なサービスです。

目次にもどる

保険適用?それとも自費診療?

美容皮膚科の場合、目的が治療ではなく美容になることが多いです。

その場合は自費診療となり、保険適用外です。

自費診療の場合は美容皮膚科によって費用が異なるため、予め確認したほうが良いでしょう。

無料でカウンセリングを行っている美容クリニックや、カウンセリングのみでもOKというクリニックを選択すれば、自分の肌をよりきれいにするためのアドバイスをしてもらえます。

>>オススメの美容皮膚科一覧(準備中)

Q&A

美容皮膚科で処方される薬は安全なの?
医師の適切な判断のもとで処方されているため、危険性はほとんどありません。ただし、医薬品の性質上、副作用が出てしまう場合があります。少しでもおかしいと思われた場合は、医師に相談することをオススメします。
時間がなくて美容皮膚科に行けない場合はどうすればいいの?
オンライン診療をオススメします。インターネット等で同じ効果の薬を購入することは、副作用などの観点からオススメできません。

美肌薬を皮膚科で処方してもらうのはアリ!

美肌になるためにはいくつかの手段がありますが、その中でも薬を使うことは有効な手段の1つです。

美肌薬は、化粧品や医薬部外品(薬用化粧品)に比べると、効果が出やすいという特徴があります。

また効果が出やすい反面、副作用が出ることがあります。

しかしながら、医師や薬剤師の指示のもと、適切な種類の薬を適切な量使用することで、よりきれいになることができます。

市販薬にも同じような効果のあるものは売られていますが、有効成分の配合量が少ないものが多く、飲み方なども自分自身で調べなければなりません。

時間がなくて美容皮膚科に行く時間なんかない!という方もいると思います。

そんな方にオススメなのが、オンライン診療です。

月額4,114円かかってしまいますが、スマートフォンで診療を受けることができ、必要な医薬品を家まで届けてくれるため、時間がない方にはとてもオススメのサービスです。

お医者さんに自分自身の状態も診てもらい、適切な薬を処方してもらうことは安心感があります。また、何か反応が出てしまった場合も、すぐに相談することが可能です。

近くの美容皮膚科かオンライン診療で診断を受け、美肌薬で美しい肌になりましょう。

今すぐ美肌に

 

\コピーしてシェア/

URLをコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA